葉酸サプリは男女の区別ってあるの?

葉酸サプリに男女の区別はあるの?

 

mamanic

まず、葉酸サプリに男女の区別はあるのか? についてですが、基本的に男性も女性も、同じ葉酸サプリを飲んでいて問題はありません

 

ただし、推奨されている摂取量と飲み始めるべき時期は男女で異なるため、その点はきちんと理解しておく必要があります。

 

 

 

男性の場合、妊活中に推奨されている葉酸の摂取量は、1日あたり240マイクログラムです。
また、葉酸サプリを飲み始めるべき時期は、妊娠を希望するタイミングの3ヵ月前からとされています。
これは、精子が出来上がるまでに約3ヵ月の期間がかかるからです。

 

女性の場合、妊活中に推奨されている葉酸の摂取量は、1日あたり400マイクログラムです。
そして、妊娠を希望するタイミングの1ヵ月前くらいから、葉酸サプリを飲み始めると良いとされています。

 

飲むべき葉酸サプリの内容に違いはありませんが、摂取量と服用開始時期は上記のように異なるため、サプリメントを使用する際にはその点にご注意ください。

 

葉酸サプリの効果って?

 

では、葉酸サプリにはどのような効果があるのでしょう。

 

現在知られているだけでも、葉酸サプリには以下のような効果があるとされています。

 

  • 卵巣機能精巣機能を若々しく保つ
  • 子宮内膜の状態を整え受精卵が着床しやすい環境を作る
  • 精子の運動率を向上させる
  • 精子の数を増やす
  • 精子の奇形率を低下させる
  • 神経管閉鎖障害の予防
  • ダウン症、発達障害の予防

 

主なものを挙げただけでも、葉酸サプリにはこれだけの効果があります。

 

特に、神経管閉鎖障害の予防において、葉酸の摂取はとても重要とされています。
神経管閉鎖障害とは妊娠初期に発生する胎児の先天性異常の1つで、二分脊椎や無脳症、口唇口蓋裂などを引き起こす恐ろしい障害です。

 

この障害は、受精卵の染色体異常、特に精子の奇形によって発生するケースが多いということが、最新の研究で分かってきました。

 

葉酸サプリの働きの1つである『精子の奇形率を低下させる』は、神経管閉鎖障害を予防するのに効果的とされ、2000年には厚生労働省も妊娠を希望する男女に対して積極的な葉酸の摂取を呼び掛けています。

 

他にも葉酸サプリには、心臓病やガンなどを予防する効果があるとされ、妊活目的以外でも多くの人が摂取しています。

 

また、妊娠中や授乳中の女性がなりやすい貧血も葉酸サプリは予防してくれるので、女性にとっては手放せないサプリメントの1つとなっているのです。

 

葉酸サプリの選び方

 

いろんな種類の葉酸サプリが販売されていて、どれを選べば良いのか分からないという場合は、次の4つのポイントを参考にしてみてください。

 

mamanic

  1. 天然葉酸を使用して作られたサプリメントである
  2. 香料・着色料・保存料などの添加物が含まれていない
  3. ビタミンB12・カルシウム・鉄分・ミネラルなどの栄養素が配合されている
  4. 原材料の放射能チェックが徹底されている

 

この4点を踏まえておけば、大きな失敗はないでしょう。

 

製品のラベル面などには、そのサプリメントに含まれている成分が詳しく記載されていますので、購入の際は多少面倒でもそうした部分に良く目を通し、『どんなものが含まれているのか』『安全性に配慮した製品か』をしっかりと見極めてから選ぶようにすると安心です。

 

夫婦で上手に葉酸サプリを飲んで、健康的な妊活ライフ&妊娠ライフを送ってみていただければと思います。